男性

オリジナルTシャツを業者に作成してもらって店にはない一枚をゲット

● SITE MAP ●

Tシャツを自作する時に気をつける事

少年

シルクスクリーンやアイロンプリントによる自作や、オリジナルTシャツ業者に注文して作成するオリジナルTシャツは、自分でデザインを決められるだけあって、オシャレに個性を出しやすい一品です。ですが上手く考えないとデザインが崩れたり、使い所に困る物ができてしまったりするので、注意するべきポイントがあります。
まず、好みの柄が印刷できると言っても、あれもこれもと詰め込みすぎると、作成にかなりの手間がかかりますし、一つ一つの絵柄はよくても、最終的にごちゃごちゃしすぎて見栄えが悪くなる、という事が多くあります。デザインの自作に慣れてくれば、見栄えの良い複雑なデザインの仕方もコツを掴めるのですが、なれていない内は複雑なデザインになりすぎないよう注意が必要です。プリントする大きさと場所のバランスも重要で、オリジナルTシャツの中心にプリントすると絵柄がみぞおちのあたりに来てしまいますが、上に詰まっても見栄えが悪くなります。
また、横幅の広い絵柄を使用する場合、絵柄の大きさとシャツの大きさによっては脇のほうにまで行ってしまうこともあります。自分で作成する場合には直前で気付けることも多いですが、業者に頼んだ場合完成するまで気付けません。プリントしたい大きさのシャツと、プリント予定の絵柄と同じ大きさに印刷した紙を用意し、変な位置にまで絵柄が行かないかの確認はとても重要です。

Tシャツ作成にかかる料金の目安はどのくらい?

オリジナルTシャツを作りたい場合は、オリジナルTシャツのプリントサービスがおすすめです。今はインターネットで注文ができますから、簡単に作ってもらうことができますが、気になるのは作成料金ですよね。
Tシャツを作成するには、①Tシャツ代、②版代、③プリント代、④送料、主にこの4種類の料金が必要です。このうち、①、④はそのままです。③のプリント代は作業料になります。ただ、②の版代は、聞きなれないですよね。Tシャツのプリントは、シルクスクリーンを使って印刷することが多いのですが、印刷には専用の「版」が必要です。木版画の「版木」のようなものですね。
注文に合わせて版を作る必要があり、「版代」はその作成料金になります。Tシャツ作成でいちばんお金がかかるのが、この「版代」で、安くても5,000円くらい、多色刷りになると10,000円以上かかることもあります。オリジナルTシャツ作成を依頼するときは、これらをふまえて料金をチェックしましょう。10枚まとめて依頼した場合は、1枚あたり1500円から2000円程度が相場です。2ヶ所以上にプリントをつけたり、色数が多くなったりするとさらに高くなりますし、逆に数多く注文すると1枚あたりの料金はもっと安くなります。
極端に安い料金を提示しているショップは、Tシャツの質が低かったり、大量注文だったりするなど特殊な条件がついていることがあります。注意しましょう。

オリジナルTシャツは有力な販促手段です

夏になればほとんど誰もがTシャツを着ますね。それにTシャツは何枚あってもじゃまになりません。なぜならば、夏は汗をかくので頻繁にTシャツを洗濯に出してしまうので、Tシャツがいくらあっても足りないくらいなのですから。それなら販促のために企業や商品の名前が入ったTシャツを作成して使うというのはどうでしょうか。
Tシャツは作成するのに値段的にもそんなに高くありませんし、しかも着たならば多くの人の目に入ります。デザインが奇抜なものであればなおさら多くの人が注目するでしょう。値段は安いものであれば1着1,000円もしません。それで多くの人の目に入るのですから、かなりコスパがいいと言えます。しかも男女いずれもが着られるようにするのであれば発注枚数が多くなるので、一枚当たりの作成コストを下げることができます。
ところでオリジナルTシャツを作るための方法は何でしょうか。「オリジナルTシャツ」で検索すれば、かなり数のホームページがヒットします。その中から選ぶようにしたらいいのではないでしょうか。Tシャツを作っている会社の中には、パーカーなどほかのオリジナル衣料やオリジナルタオルを作っているところもあります。必ずしもオリジナルTシャツにこだわることなく、他の衣料などを利用することも検討に値するはずです。

オリジナルTシャツの品質とオリジナリティ

オリジナルTシャツと聞くと、誰でも制作出来るスキルを必要としない衣類という印象があります。制作にはコストが掛かりませんし、イラストが得意な方は無地のTシャツに描いたイラストをプリントすれば、それは世界に一つだけのオリジナルTシャツとなります。しかし、自分で制作するのは難しいと考える方もたくさん存在します。皆がイラストが得意なわけではありませんし、商品として販売するとなると、売れるデザインを考案しなければなりません。 現在、多くの方が自分で制作せずに専門業者に委託するケースが増えています。専門的な印刷技術はもちろん、大量生産にも対応するので、企業が一括して注文することが多いのです。ネックとなるコストを削減しつつ、収益化できる仕組みは魅力的です。デザインが決まらなければ、既存のテンプレートを用意されている専門店も存在します。 時代が進むにつれてオリジナルTシャツの役割も多様化しています。どのような目的があって、どのような規模で販売するのかを明確にする必要がありますが、市場の流れに目を向けると、たとえ失敗してもコスト面でやり直しが利く衣類としても魅力的なのです。国内のみならず世界中で着用されるのは、やはり品質とオリジナリティはもちろん、質の高い生産性が構築されているためではないでょうか。

● PICK UP ●

TOP